バイト敬語で多いフレーズとは

飲食店で働いていると、どうしてもついついバイト敬語を言ってしまいがちです。
ですが、最近の若い人は、その日本語が間違っているのにも関わらず、正しいものだと勘違いして使っている人もいるので注意が必要です。
そんな飲食店のアルバイトに多い、バイト敬語とは、例えばどんなものなのでしょうか。
一番代表的なのが「~のほうになります」です。
「メニューのほうおさげ致します」や「空いているグラスのほうをおさげ致します」など、何かをする際に、「~ほう」を必ずつけてしまう人っていますよね。
実は、これは間違いなんです。
正しくは、「メニューをおさげします」や「空いているをグラスおさげします」で良いんです。
何となく「~のほう」をつける事で、表現が柔らかくなるので、ついついつけてしまいがちですが、口癖のように言ってしまう人もいますので、注意が必要です。
この「~のほう」というのは、本来、方向やいくつかある選択肢の中から、一つを表す表現になります。
物事をぼかしたり、遠まわしに言ったりするときにも、よくこの表現が使われるのですが、飲食店で何かを下げたり、持って行くのに、表現をぼかす必要は全くありませんよね。
ですので、出来る限りくせになってしまっている人は、今日から改めて「~のほう」を使わないように心がけましょう。
あとは、「1万円からお預かりします」や、「ホットコーヒーになります」などというバイト敬語を良く聞きますが、何か違和感を感じませんか?
正しくは、「1万円お預かりします」や、「ホットコーヒーです」でOKなのです。
このように、飲食店にはたくさんの間違った敬語が使われています。
その原因はファミレスやフランチャイズ店などでよく見られる、接客マニュアルにあるとも言われています。
マニュアルに記載されている間違った敬語を使って接客用語を練習した結果、それが正しい敬語だと思い込んでしまうようです。
バイト敬語は、知らないとどんどんと吸収してしまい、さまざまな場面で使ってしまいます。
社会人としての評価に関わってくるので、間違ったバイト敬語は使わないように気をつけましょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です